駐車場って何処にでも建てられるの?

建築基準法、駐車場法などの法的規則による

建築基準法、駐車場法などの対象となるため
何処にでも建設が出来るという訳ではありません。
また用途地域により建設規模なども規制を受ける場合がある他、
駐車場の入口を設置出来ない場所もあるので注意が必要です。
駐車場の入口に関しての法的規制

駐車場の建設に関わる法令は?

建築基準法・駐車場法・消防法・自治体ごとの条例など

建築基準法・駐車場法・消防法・自治体ごとの条例などです。
また、建設には建築の確認申請が必要となります。

プレハブ式立体駐車場は、どのくらいの規模まで建設可能ですか?

各階の床面積は4.000㎡まで(屋上を除く)

各階の床面積は4.000㎡まで可能です。
なお、屋上階は床面積に入らないため、 駐車可能な面積は+4.000㎡となります。
但し、はじめに予定地の用途地域を調べ建設できる規模を
確認
しておく必要があります。

駐輪場との併設は?

行政との協議により可能

行政との協議が必要ですが可能です。
但し燃料を積んだバイクや原付は原則不可となります。

大臣認定品とは?

一定の基準を満たす事で様々な緩和を受けることが出来るもの

定められた一定の基準をクリアする事により、
一般建築では必要な耐火被覆等の設備や
構造の規制につき緩和を受けることが出来るものです。
これにより品質を落とさず低コスト、短工期が可能となります。
また、建築後のメンテナンスも機械式などと比べ
ほとんど発生しない
のも大きなメリットです。

その他

法律・規制 環境への取組み メンテナンス

カタログ閲覧も!

ネット上で閲覧可能なカタログです。 印刷も可能ですのでぜひ資料としてご利用ください。

カタログ